丹光が見える時と見えない時

こんにちわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

自己ヒーリングをしていたり、瞑想をしていると

瞼の裏に色の世界が広がってくるかと思います。

たいていの場合、この色は前面と後面の2色

又は、前面と後面の色が同じ色で1色になっています。

殆どの人は2色で前面の色に動きがある場合が多いようです。

動きのある色は、現れては消え、消えてはまた現れる・・・

この見えている色の事を丹光と言います。

 

以前このブログで丹光の段階という内容を書きましたが

これはその続きです。

まだお読みでない方は先にそちらを読んでから

こちらをお読みくださいね。

 

今日のテーマです。

丹光が見える時と見えない時があるのですが

それはどうしてですか?

というご質問を頂きました。

 

霊気のヒーリングを始めた頃から

2色の(背景は黒、前面の動きのあるのは紫色)色が見えはじめ

毎回毎回見えていたので、これって何だろう?紫ってどういう事なんだろう?

背景の黒ってなんだろう?

と観察をしてきた私の経験からお話しさせて頂きますね。

 

これは脳波と関係があります。

通常、活動中の時の脳波はベータ―波が中心となっています。

それが、ヒーリングや瞑想等でリラックスしてくると

脳波はα波が中心となってきます。

α波は3段階あります。一番深いα波の次が

持続する事ができないシーター波になり

それより深くなるとデルタ波といって脳が寝た状態

言い換えると熟睡状態になります。

 

ヒーリングは、α波からデルタ波まで持っていく事ができますが

丹光は2番目のα波の時から見え始めるのだと思います。

1番目のα波の時はまだ準備をしている段階。支度をしているという感じでしょうか。

脳はリラックスしてくるとまず色の世界に入ります。

そこから更に深くリラックスしてくると

光の世界に入り

その先に潜在意識の世界があります。

潜在意識の世界に入ると夢を見ている状態になります。

 

この状態を意識的に作り出しているのがチャネリングですが

今日は丹光の話ですので、脱線を戻して・・・

 

夢を見ている状態は、無意識にそうなる状態と

自分から作り出す事ができるものとがあります。

(感覚的なものをイメージに置き換える等)

 

丹光が見えない時は、まだ脳波がα波の準備段階という事です。

瞑想をしていても自己ヒーリングをしていても

私達は毎日違います。

 

見える時と見えない時、

自分で観察記録をつけてみると良いですよ。

どんな時に見えてどんな時に見えないか?

それによって自分のリズムやパターンがわかるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.