Archive for 7月 22nd, 2017

ハイヤーセルフと直接コンタクトできるようになるには?

こんにちわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

夏になると思い出す事があります。

それは忘れもしない2003年の8月の事でした。

私はあることで悩んでいました。

 

ハイヤーセルフさんと直接話せるようになりたい・・・

 

レイキを受講した後から間接的にハイヤーセルフさんから

メッセージが来るようになりましたが

そのことにとても不満でした。

 

レイキ受講から2年程経ったある日、

仲間のヒーラーさんに相談しました。

 

私はハイヤーセルフさんと直接話をしたいのに

未だに直接は話してくれないんだよね。

どうしたら話してくれるかな?

 

すると仲間のヒーラーさんはこのように言いました。

「ありおすさんのオーラにブロックがあるんじゃない?

ブロックがあるとハイヤーセルフさんの声が

ブロックによって跳ね返されて聞こえないよね・・・・」

 

その時初めてオーラにブロックがあるという事が

あるというのを知りました。

 

私が「オーラのブロックはどうやったら取れるの?」

仲間のヒーラーさんは、

「○○フラワーレメディを2年飲めば取れるよ。」

と教えてくれましたが

2年は長いと思いました。

 

その3日後に4か月前に申し込んであった

セキムセイキ―ムレイキの受講日が来ました。

受講日2日目、ファセット4の説明を聞いていると

そこには私が4日前に仲間のヒーラーさんに

相談していた答えがありました。

 

その時に私はこのシンボルの為にこの伝授を習いに

京都へ来た と思いました。

 

セキムセイキーム霊気を受講し

毎日光の柱を立て、瞑想をし、自己ヒーリングをして

ストリングオブビーズを行うと

心で思っていた事が直ぐに現実化していきました。

宇宙図書館にも入れるようになっていました。

 

そして

いつのまにか

私がかつて悩んでいたあの事には気にも留めなくなりました。

 

ハイヤーセルフさんとの障害が取れたら

次はコンタクトの仕方を学ぶ必要があります。

3次元で何かを手にするには手順も必要になります。

 

セキムセイキーム霊気で

貴方の未知なる可能性を広げてみませんか?

対面式のみ、マンツーマンから行います。

詳細は、こちら

※受講条件ありますのでかならず詳細をお読みください。


 

ソウルメイトレイキで出会いを促進する

こんにちわ。

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

靈氣は、上級レイキになると色々なタイプの霊気があります。

単発のものもあれば、連続的に魂の成長や自己成長を促すものもあります。

 

色々な上級レイキの中でソウルメイト靈氣という霊気があります。

私達が出会う人はすべてソウルメイトなのですが

ソウルメイトにも種類があります。

学校に例えると

同じクラスの人はソウルメイトですよね。

その中でも仲が良くなる友人と単なるクラスメイトに分かれますが

仲良くなる友人は更に深いソウルメイトになります。

ソウルメイトは異性とは限らず、同性の場合もあります。

 

それを踏まえた上で、出会いを欲しいと思っている方

どんな出会いかは、その人の魂が求めている出会になる為

ここでは特定する事はできませんが、

ソウルメイト靈氣を受講して次の日から自己ヒーリングを始めると

2~3日で新しい出会いがありました。

よく観察していると

それは、8日間の間毎日起こりました。

この新しい出会いは、ありがたい事に

新規のお客様だったり、新しいパートナーだったりしました。

 

ここで1つ注意が必要なのですが

既に好きな方がいて片思いの場合、異性との出会いというよりも

他の形で新たな出会いがあるようです。

クライアントさんの中には、以前から欲しかったパワーストーンとの出会いが

合ったそうです。

 

又、両想いの方の場合は、異性との出会いではなく

同僚でイマイチ反りが合わない人がいたとしたら

相手の方から声をかけてくれるようになった

という形の出会い?もあったそうです。

 

ソウルメイト靈氣のヒーリングエネルギーは

貴方が無意識に作ってしまった壁を取り去り

相手が近づきやすくしてくれるようなヒーリングエネルギー

でもあります。

 

普段から努力しているのに出会いが無いという方

自分の周りの環境の人間関係をスムーズにしたいな

と思われる方、

特に自分で仕事をやられている方には是非とも

受けて置いて欲しいツールの1つです。

 

受講条件は、靈氣サード終了以上です。

遠隔コールインで伝授します。

詳しい詳細はこちら

 

ソウルメイト靈氣のお申し込みは下記のフォームから