ヒーリングで吸収率と浸透率が関係するのは何故?

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

ヒーリングを受けた時に

浸透率や吸収率が関係する事は

あまり知られていないように思います。

 

ヒーリングは同じヒーリングを受ければ

受ける程、そのヒーリングエネルギーの浸透率と

吸収率が上がります。

 

そして、その結果

他のヒーリングエネルギーを受けても

相乗作用が起こるようになってきます。

 

そもそも何故

浸透率と吸収率が上がると良いのでしょうか?

 

吸収率というのは、

例えば

VCが100%入っている果汁のジュースあったとします。

ですがそのジュースを飲んでVCが100%

吸収できるかというとそうではありませんよね!

ヒーリングエネルギーもそれと同じような事が起こります。

 

吸収率が高いと浸透率も上がります。

何故なら

入ってくる受け取れるヒーリングエネルギーの

量が多いわけですから

その分浸透していくのも早くなるわけです。

 

浸透するというのは、

染み込むと言ったらわかりやすいでしょうか?

 

例えば

皮膚で言うと

表皮、真皮、皮下組織に分かれていますが

浸透率の良い美容液は表皮を通過して真皮迄届きますので

肌が突っ張りません。

ですが、浸透率が悪いと

表面はサラサラですが中が突っ張ったように感じます。

凄く違和感があります。

 

ヒーリングでも同じ事が言えます。

その為、まず吸収率、次に浸透率を上げるには、

毎日ある一定の期間自己ヒーリングをする。

 

又は、ある種類のヒーリングを4日に1回の割合で

3回を1セットとして数セット受ける

と上がって来ます。

(もちろん全ての人が当てはまるわけではありません)

 

ご参考までに。

 


 

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.