欠伸は一つのバロメーター

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

ヒーリングの最中に出てくる欠伸には

意味がある

という事を何回かブログに書いていますので

ご存知の方も多いと思います。

今日は少し方向を変えて話をしてみたいと思います。

Aというヒーリングエネルギーを使って欠伸が出ないのに

続けてBというヒーリングエネルギーを使うと

欠伸が出るという時、

Bのヒーリングエネルギーが必要になりますので

欠伸が出なくなるまで毎日行っていきます。

この時にどのチャクラで欠伸がでているのか?

というのをノートに記録していくと

自分の弱いチャクラが分かるようになります。

Bのヒーリングで欠伸が出なくなったら

他のヒーリングエネルギーを使います。

ヒーリングで欠伸が出る

自発動が出きる人にとって

欠伸は今必要なヒーリングエネルギーかどうかが

分かるバロメーターになるからです。

欠伸が出るととても

身体が楽になったり、軽くなったり、

スッキリしたり緊張がほぐれたり

オーラが軽くなったり

等の

いずれかが多いようです。

ヒーリングをしていても楽になったり、スッキリしたり

する感覚が無い時は、

ヒーリングの種類を変えてみると良いでしょう。

○○をするヒーリング

と書かれていても

今の貴方にピッタリかどうかというのはまた違ってきます。

ヒーリングで欠伸が出る方は、

出なくなるまでそのヒーリングエネルギーを使い

完全に出なくなったらヒーリングの種類を変えて

又浄化を深めて行く。

ヒーリング中や直後に欠伸がでないという方は

ヒーリング後に少しでも楽になった感覚や

スッキリした、

視界が明るくなった、

力が抜けた

ヒーリングを行う前と後の

小さな違いを観察するようにしていくと

良いでしょう。

欠伸以外に、

咳や鼻水、

トイレが近くなる、

不思議な夢をみる

もわかりやすい反応です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.