貴方のエネルギーが暴走している時とは?

アセンションライトワーカーのありおすです

 

一昨日のブログは、

「わくわく」と「ワクワク」の違いについて

お話しましたが

読んでくれた?

 

まだの方は、先にこちらを読んでね。

 

今日は一昨日の続きです。

 

興奮状態が長く続いたり

度を超えると

エネルギー的にみた時に

エネルギーが暴走している状態になります。

 

これは、エネルギー過多の状態なんですね。

 

エネルギー過多にも

段階があって、

自分でコントロールできる(抑える事ができる)

段階から

自分ではコントロールできない(調整不能)

の段階迄あります。

 

興奮して眠れない!

という時は、既に調整不能という状態です。

 

興奮状態の時にそれを鎮静させようとして

ヒーリングを行った時って

どんな状態になるか?

 

というと

過剰の物は鎮静させ、不足の時は補充して

バランスを取るというのが

ヒーリングエネルギーの特徴でしたよね。

(ヒーリングエネルギーの物にもよりますが)

 

又、それを全部のチャクラに行う事で

調整ができます。

 

不足しているものを補充している時は

とても気持ちよく感じますが

過剰の物を鎮静させるというのは

上から下へ下げるという事ですので

人によっては不快に感じる人が

多いようですが

これは仕方がありません。

 

 

中にはエネルギーが暴走している事に

気づかない人もいます。

それは、興奮しているという状態ではなく

別の事でエネルギーが暴走してしまう事があるからです。

 

そのような状態な時は

「足が無いような気がする」

とか

「軸がズレているような気がする」

とか

「オーラがぶれているような気がする」

というような事を云います。

 

 

 

 

 

尻もちを着いただけなのに・・・・

こんにちわ。
アセンションライトワーカーのありおすです。

今日はお尻から落ちて1週間程寝ていたという
Aさんのお話。

これは私のヒーリング記録です。

 

お尻から落ちた時にエーテル体が揺らいで飛んだ
ような気がしたそうです。

それから、足に力が入らなくなったらしく
病院にも行っているけど
自分でもできる事をやりたいから

ヒーリングの依頼のメールが来ました。

ここからの話は私がヒーリングを行っていた時に
Aさんのエネルギーから感じ取った事を
私の感覚で書いています。

Aさんの頭に触れてみると電気がビリビリと
頭中を駆け巡っていました。

直ぐにイシス女神様のヒーリングを開始。
始まって直ぐにビリビリが取れ、
微細な感じになっていくと
Aさんがこっくりこっくりし始めました。

一緒に靈氣ヒーリングを行うと
靈氣の浸透率が上がる為、靈氣も一緒に。
全部が終るまで20分。

左首から鎖骨にかけて詰まりがあったのも消えました。

次お尻に痛みがあるというので
痛みを軽減するヒーリングを開始。

最初に痛みの度数をきいて3分程のヒーリング。
終了の合図が出たので終了。

痛みの度数をきいたら
8だった痛みの度合いが4になったそうです。
(1から10まで度数があり1が痛くない。
10がマックス状態の痛み。
1回のヒーリングは3分位で6以上の物は半分になる。
4以下の場合も半分になるが
本人の自覚はあまりわからない事が多い)

最後の仕上げは
ヒラリオンのヒーリング。

多次元ヒーリングになる為空間で行う。

ヒーリングを始めると尾てい骨の痛みが
消え始めました。

エネルギーは同時に
足首から足の甲に向かって流れ
何かを作っているようでした。
尾てい骨の痛みが消えると

次に腰あたりの背骨の直ぐ左側に
強烈な違和感を感じました。

「これはなに?」
とヒラリオンに質問すると

映像でその様子を見せてくれました。
壁が見えました。

その壁は打ち割られて
もう少しでむこう側に貫通するような
凸凹の壁が見えました。

「これかあ!
この凸凹を平らにすればいいんだね!」

と私が言うと

「これには、○○」

とヒラリオンが一言。
新しいマントラを教えてくれました。

そのマントラを使ってヒーリングし始めると
私の腰の細胞というか筋肉というか

何と表現したらいいのかわからないのですが
重くなり練るような動きとかが起こり
暫くの間は変な感じがありましたが、
それが終るとスーッと
平になった感じがありました。

そして映像の方に目を向けると
凸凹だった壁が綺麗に修正され
塗装も施され傷がどこにあるかわからない
状態に戻っていました。

それと同時に
足も表面がささくれた魚の鱗状態だったのが
ふっくらと潤って鱗が滑らかになり
グランディングされた感じがありました。

ヒーリングが終った後にAさんに
行ったヒーリングとその様子を話すと
腰の部分は過去に手術をした所で
落ちた事によってその部分にも衝撃が来ていた事
お尻から落ちたけど腰回りも腫れてしまって
足にエネルギーが流れなくなっていたのを
感じていたそうで
足に力が入らなくなっていたそうです。

それが今は床に足が着いている感覚が
あるそうで喜んでいました。

ちょっと転んで尻もちを
着いただけでも
身体にとって見たら
とても衝撃な事でエーテル体は
不調和になります。

その為、それぞれに対して
必要なヒーリングが必要になります。

 

今回のヒーリング時間は全部で40分です。

40分で済んだのもAさんが日頃から
自己ヒーリングを行っているからです。

自己ヒーリングを行っていると
浸透率や吸収率が上がって
いるので他の初めてのヒーリングを受けても
早く癒す事ができます。

 

※ヒーリングは医療行為ではありませんので

予めご了承下さい。

貴方は「わくわく」?それとも「ワクワク」?

こんにちわ

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

貴方は「わくわく」しながら毎日生きていますか?

 

スピリチュアルな世界では

「わくわく」する事をやっていくと

それは魂に沿った事だから

人生が楽しく生きていける

と言われています。

その為に日々浄化と癒しが必要になります。

 

実は「わくわく」には、

ハートから起こる「わくわく」と、

思考から感情面に派生する「わくわく」が

有る事を知っていますか?

 

思考によって感情が「ワクワク」する状態の事を

一般的には「興奮」している状態と言います。

 

気持ちの面では同じ「わくわく」感なのに

何が違うのでしょうか?

 

両者の違いは、2つあります。

1つ目は、

「わくわく」はハートの奥底から起こる物

つまり魂が興奮している状態の為、

胸がわくわくしていて、

その後それに気づくという感じ。

 

2つ目は、

「わくわく」には、思考が関与していないが

「ワクワク」には、思考が関与している。

頭で考えた事に反応して気持ちが興奮する為

胸の奥からワクワクするというよりも

頭がワクワクしている感じ。

 

この状態をエネルギー的に見てみると

「わくわく」している時のエネルギーは

とても微細でパワフルに感じ。

 

「ワクワク」している時のエネルギーは

少しトゲトゲしていてパワフルに感じる。

「ワクワク」の方のエネルギーの時に

度を超すとエネルギーが暴走する事があります。

 

「つい興奮し過ぎちゃって・・・」という時が

その状態です。

例えば○○ランドが大好きな人が

明日、○○ランドへ行く

という時も

前日からワクワクして眠れませんよね。

頭で色々楽しい事を考えている

ワクワクする事を考えている状態です。

又、何か大きなイベントを達成した後も

興奮状態ですので、

エネルギーから見ると少し暴走している状態です。

 

エネルギーが暴走している状態には

2種類ありますが

これについては又機会がある時に。

 

今日のお話は、

「わくわく」と「ワクワク」の違でした。

 

 

 

 

 

 

ハイヤーセルフを3次元の肉体に召喚するとグランディングもなされる

こんにちわ

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

マルコニクスヒーリングセッションで

ハイヤーセルフを3次元の肉体に召喚する

クラウニングというのがあります。

何回もブログに出て来ていますので

ご存知の方も多いと思いますが、

今回のセッションでは、

ハイヤーセルフが降りて来る時に

天使が関与している事を知りました。

 

金色の糸が上から降りてこようとした時に

天使(といっても見た目は蜂)が

現れてその金色の糸をハサミで

等間隔に切って行きます。

 

降りて来る糸は等間隔に切られた

糸なのですが、これが体に入ると

足にエネルギーが入って来て

一気に種火だった火が炎に変わり

パワフルさが増しました。

 

糸のままだと入るのに時間がかかりますが

短い糸なら直ぐに取り込めます。

高次元の存在達の配慮には頭が下がります。

 

本当に凄い世界です!

 

 

 

ハイヤーセルフからのギフト

こんにちわ

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

マルコニクスヒーリングの2つ目に

クラウニングという

ハイヤーセルフを3次元の肉体に召喚する

ヒーリングがあるのですが、

召喚している時に見える映像で

「剣」が降りてくる

という場合が結構あります。

「剣」は何かのメッセージであるのですが

これには、続きがありました。

 

リキャリブレーションを数か月前に受けられた

Aさん。毎月1回マルコニクスヒーリングで

ライトボディの調整をされています。

毎回整っている時間が長くなって来ています。

これも凄いなーと思う事の1つです。

又、ハイヤーセルフさんのエネルギーの質も変わりました。

 

Aさんも時々剣が降りてくる方なのですで

今回はその剣に変化が出ていました。

 

そう、フェンシング用の細身の剣、

「レイピア」と言うそうです。

 

今まではこんな感じの剣。(※私はこの形状を剣と呼んでいます。)

 

剣とレイピア。

見た目も内容も全然違います。

  

 

降りてくるハイヤーセルフさんの

質が高くなったから

剣もレイピアに変化したのかな?

と直感で感じました。

(剣の形状が変わった事で使う用途に

変化が出たという所に着目しています。)

 

継続は力なり。

良い状態を保ちつつ、質も上がって行くって

素晴らしいです。

 

マルコニクスヒーリングセッションの詳細はこちら

マルコニクスリキャリブレーションの詳細はこちら

 


 

 

 

光は魂の栄養源

おはようございます。

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

ヒーリングには、

浄化&癒しが目的なヒーリングエネルギーと

光を入れる事が目的なヒーリングエネルギーがあります。

勿論光を入れるヒーリングエネルギーも

浄化&癒しはできますが、

入る領域というか側面が違う為

どちらも必要になります。

 

どうして、光を取り入れる事が大切か?

というと

魂の栄養源が光だからです。

 

光を取り込むことで魂の光が強くなっていきます。

魂の光が強くなれば

それに応じて次の段階の扉を開ける鍵を貰えます。

その扉を開けて行く事で

高次元と繋がる為のテクニックを与えられたりします。

 

そして、もっともっと魂の光が強くなると

自分の中に隠されているコードの暗号を解く事が

出来るようになってくるそうです。

人の体内には250のコード化された能力が

秘められていいるうです。

そして、完全にアセンションするには、

それらを解く事が必須になるようです。

 

 

 

 

ハイヤーセルフの質が変わる!!

こんにちわ

アセンションライトワーカーのありおすです。

マルコニクスリキャリブレーションってやっぱりすごいです。

 

今日は私のお話ではなく、

受けられたAさんのお話です。

リキャリブーレーションを先日受けたAさん。

1か月経ってマルコニクスヒーリングを受けに来られました。

 

マルコニクスヒーリングのメインは

何と言ってもクラウニングという

ハイヤーセルフを3次元の肉体に召喚する事ですが

ハイヤーセルフを召喚したら

今までに感じた事が無い質の高いハイヤーセルフさんが

降りてきました。

ハイヤーセルフさんは、

4次元から12次元迄いますが、(今私が感じ取れる範囲で伝えています)

 

殆どの場合、4次元のハイヤーセルフさんが降りてくることが

多いんですね。

4次元のハイヤーセルフさんにも色々なバージョンがあるのですが

今回は全く質が違いました。

何次元のハイヤーセルフさんかというのはわかりませんが

4次元ではない事は確かです。。。。

 

マルコニクスのヒーリングを受けて行くと

召喚できるハイヤーセルフも高くなっていくと言われていますが

リキャリブレーションを受けて1か月で

そうなる人もいて、

初めての体験でしたので

本当に凄いと思いました。

忘れないようにという事でブログに記載。

 

マルコニクス

ヒーリングもリキャリブレーションも

本当に凄いエネルギーです。

 

是非まだ受けられていない方は受けてみて下さい。

詳細、お申し込みは↓

マルコニクス・ヒーリングセッション

マルコニクス・リキャリブレーション

※リキャリブレーションをお申し込み希望の方は

先にマルコニクス・ヒーリングセッションで

マルコニクスのエネルギーに慣れてから受けるようにして下さい。

又、リキャリブレーション後も3~6か月程

定期的にマルコニクスヒーリングを受けられる事を

お勧めします。(私の経験からです)

 

 

祓戸四神(祓戸大神)って?

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

瀬織津姫様は、日本書紀にも古事記にも

登場されない女神様ですが、

天津祝詞や大祓詞など重要な祝詞などに

登場しているので

その存在が大きな謎になっていますよね。

 

祓戸四神(祓戸大神)とは、

瀬織津姫(せおりつひめ)、

速秋津姫(はやあきつひめ)、

気吹戸主(いぶきどぬし)、

速佐須良姫(はやさすらひめ)

の四柱のことを言います。

 

●瀬織津姫:川の神。
川の水は飲料水となり動植物の成長と生命維持にかかせないもの。

勢いよく流れ下る川の水の威力によって
人や社会のまがごと、罪、穢れを大海原に押し流す神。

禍事:曲がっている事で正しくない事。
罪 :汚れが積もっている事。又我欲にまみれた状態の事。
穢れ:氣が枯れた状態の事。

生き方や考え方が偏ったりすると
物事が柔軟でなくなり禍事ができてきます。
曲がった所から氣枯れが生じて汚れがたまりそれが罪・穢れになります。

●速開都姫:海の神。
全ての生命の源。

●気吹戸主神:息吹の神。
息吹は、風、呼吸。

●速佐須良姫:地底の神。
地底の支えがあってこの世があります。

 

この四柱が揃って初めて

世の中に蔓延する禍事(まがこと)、

罪、穢れを洗い流し、世をリフレッシュする事が

可能となってきます。

禍事、罪、穢れを、洗い流さないと

汚れがたまっていくのと同じですので

人や地球の波動が低くなっていきます。

 

瀬織津姫が諸所の禍事、罪、穢れを川から海へ流すと

速秋津姫が海の中へと飲み込み、

気吹戸主が諸々の禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して

根の国・底の国に息吹を放ち

速秋津姫が飲み込んだ禍事、罪、穢れは、地底に溜まったままですので

速佐須良姫が根の国・底の国に持ち込まれた諸々の禍事・罪・穢れを長い年月をかけて浄化する。

 

 

さて、四柱ですが、この方たちはどなたでしょう?

所説あり。

瀬織津姫は、
天照大御神から荒魂が分裂した存在。または八十禍津日神(やそまがつひ)

速秋津姫は、
天照大御神から和魂が分裂した存在であり、丹生都比売と同一神。
または、イザナギの命が禊払いをした時に生まれた3神のうちの1神である伊豆能売神(いずのめのかみ)。

気吹戸主は、
造化三神筆頭の天之御中主(アメノミナカヌシ)の荒魂が分裂した存在。
または、イザナギの命が禊払いをした時に生まれた3神の内の神直日神(カムナオヒノカミ)と同一神。

 

速佐須良姫は、
スサノオの娘であり、大国主命の正妻である須勢理毘売命と同一神。

 

祓戸大神を祀る神社の総本宮は、

滋賀県大津市にある佐久奈度神社

 

 

 

 

 

直靈に直接響く瀬織津比咩命の透明なエネルギー

アセンションライトワーカーのありおすです。

静岡県内では、2か所でしか参拝できない
瀬織津比咩命様が祀られていらっしゃる
御前崎市にある池宮神社へと行ってきました。

 

神社名:池宮神社

住 所:御前崎市佐倉5162
(桜ヶ池を目指して行きましょう!)

御祭神: 瀬織津比咩命・事代主命・建御名方命

御神徳:
瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)は大祓詞に現れる代表的な清め祓いの神で諸々の罪穢を祓い、
開運厄除の御神徳極めて高い。

祓戸四神の一柱で災厄抜除の女神である。
神名の名義は川の早瀬の穢れを清めるとある。
祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。
その証拠に瀬織津姫を祭る神社は川や滝の近くにあることが多い。(ウィキペディアより。)

事代主命・建御名方命は共に大国主命の御子神で、
事代主命(ことしろぬしのみこと)は通称エビス様と称せられ商売繁昌、福の神として、
建御名方命(たけみなかた‐の‐かみ)は武勇の神又、農、耕、水の守護神として崇められている。

 

由来
創祀は敏達天皇十三年(584)に瀬織津比詳命がご出現。社殿の造営がなされた。
後、栄枯盛衰が激しく平安時代初めには衰退し、社殿は大破した。
しかし平安時代中期一条天皇の長保三年(1001)社家の遠祖源朝臣信栄が社勢を再興。
室町時代に入ると駿河・遠江を領有する今川氏の崇敬を受けたが戦国末期に武田・徳川両氏の高天神城争奪の地となり、社殿をはじめ神宝、旧記、古文書の大部分を焼失。
江戸時代に神官信盛が再び興し徳川家の崇敬を受け、明治維新に至るまで地頭の祈願所となっていた。

享保十六年(1731)には正一位の神階宣示を受け、
本殿は宝暦十年(1760)、
拝殿は元文四年(1739)に、時の大宮司従四位下佐倉治部大輔源朝臣信幸が造営し、
その名を池宮天王社とも称され現今に至る。

 

ここの神社には、初めて行ったので

御祭神にはご挨拶だけをしてきました。

瀬織津比詳命、龍神をお呼びすると

どちらも透明なエネルギーで

直接直靈に響いていました。

 

通常、手から胸に入ってと言う事はあるのですが

今回はそういう感じではなく

流れるという感覚が無い位透明で

直靈が痛くなる位響いていました。

これも初めての体験。

不思議でした。

 

境内は、エネルギーに満ちていて

優しいとかすがすがしいとか

そういう感じとはまた違って

何か不思議な感じを受けました。

 

清水折戸にある

瀬織戸神社の境内とは又

違った感じです。

 

 

3つの異なるエネルギーが交差する神社

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

神奈川県の三浦半島にある

諸磯神明社へと

行ってきました。

別名、小桜姫神社と言い

こちらの方が知られているかもしれません。

江原啓之さんが、
『霊界通信 小桜姫物語』

という本をおすすめしていて、
TVの企画でこの諸磯神明社、

小桜姫神社を訪れたというのを

つい先ほど知りました。

 

神社名:諸磯神明社(小桜姫神社)

住 所:神奈川県三浦市三崎町諸磯1872

御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)

  • 大山咋命(おおやまくいのみこと)
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)

 

神社名を見ると御祭神がわかります。

「神明社」とつく神社は、

天照大御神を祭っている神社です。
お伊勢さんのお力を頂いている神社

と言われていますよね。

 

 

↑若宮神社(小桜姫神社)本殿向かって左側

その左には稲荷神社がありました。

 

この神社へ行く事になった時

御祭神をきいて行きたくないなーと言うのが

本根でした。

と言うのも天照大御神様は

私からすると試練を与える神様だったから・・・

 

ですが、

ご縁があって参拝しました。

 

参拝していると直ぐに

異なる2種類の

エネルギーが螺旋状で体に入ってきました。

そして3つ目のふわっとしたエネギーが

脚から膝にかけてオーラ層の方に感じていました。

つまり

体の中に入ってきたのは2つ。

そしてオーラで感じていたのは1つ。

 

3つの異なるエネルギーを同時に感じたのは

初めてです。

そして、又境内は、優しい愛のエネルギーが

流れていました。

 

境内の中に拝殿を背にして

左側に縦に3本大きな木が並んでいます。

手前から数えて3本目の木が

一番パワーを感じました。

 

この神社での参拝は初めてですのでご挨拶だけしてかえってきました。

※初めての神社での参拝は

ご挨拶だけするのが基本ですよね。

 

車でじゃないと不便な所にありますが

初めての体験をできた所でしたので

ブログにアップしました。

機会があったら

行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

私個人としては、

天照大御神のイメージが変わりました。