Posts Tagged ‘エネルギーが軽い’

ヒーリング中の欠伸についてのお話

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

私のヒーリングセッションを受けられた後、

ヒーリングの様子をお伝えする場合があります。

(お伝えするセッションは決まっています)

その時に

[欠伸が出て来た]

という言葉を使う事があります。

今日はこの欠伸についてお話します。

 

どのヒーリングでも同じなのですが

ヒーリング中に

私の方で欠伸が出てくることがあります。

欠伸はチャクラやそのヒーリングをしている部分の

エネルギーが滞っていたり、ブロックになっていたり、

邪気が溜まっていたりすると、

それを今ヒーリングしているヒーリングエネルギーで

取り除いている(お掃除している)時に

サインとして欠伸がでます。

 

欠伸には数種類あり、それぞれ意味が違います。

 

一定以上の滞りがあると

これは詰まり過ぎているという事。

言い換えるとフィルター等で言うと目地にゴミが溜まってしまって

目詰まりを起こしている状態と同じなんですね。

この時は、「欠伸が出そうで出ない」

という状態になります。

 

次に「大きな欠伸」が出る時は、奥まで広範囲で

お掃除をしている時。

「深い欠伸」が出る時は、奥行きではなく深くお掃除をしている時。

 

欠伸が出る時を観察してみると

疲れが溜まっている時に欠伸が出る事が多いようです。

 

ストレスが溜まっている時は、エネルギーの状態が変わります。

 

ただ、ストレスを受けている時も、欠伸をする事で軽減している事を

教えて貰う事ができます。

 

何もないチャクラやその部位

(バランスが取れているチャクラやその部位)は

何のヒーリングをしても欠伸は出る事はありません。

 

あるヒーリングエネルギーを使った時に

欠伸が出るというのは、そのヒーリングエネルギーに関連する

エネルギーに詰まりがあるという状態です。

 

例えば

靈氣でヒーリングをしても欠伸が出なかったのに

その後、カルナ霊気でヒーリングをしたら欠伸だらけだった、

という事は普通にあります。

この時、この方に必要なヒーリングは霊気ではなく、

カルナ霊気ヒーリングという事になります。

 

チャクラにヒーリングをしたとしても

使うヒーリングエネルギーによって、ヒーリングされる側面が

変わる為、このような事が起こります。

 

又チャクラの場合、

同じヒーリングを何回か受けた時に

同じところで欠伸が出る場合、

その方が乗り越えないといけないテーマが分かります。

その為、向き合うきっかけにもなります。

 

又、欠伸が出た事で流れが良くなりますので

それによって弱いチャクラもわかります。

 

欠伸が出る事で通りが良くなりますので

重かったエネルギーが軽くなります。

エネルギーが重いと

気持ちもネガティブになりがちになりますよね。

素直になれなかったり、

受け入れる事が出来なかったり

ジャッジをしたり反論したり

自分を大切にしなかったり。。。。

運氣も下がります。

エネルギーが軽くなる事で、気持ちも変わります。(個人差あり)

 

又、バランスの取れている所にヒーリングをすると

直ぐに活性化してきます。

欠伸が出る=滞っていたものを取り除いている

取り除かれた事で、エネルギーの流れがよくなり

エネルギーが全体に流れるようになります。

流れるようになると

自然と調和に戻り、本来の自分を取り戻して行きます。

つまり普通に戻るという事です。

 

次に「軽くなった」

という言葉を使います。

これは、

重たいエネルギー

=負のエネルギー

(ネガティブなエネルギーだったり、疲れだったり)

が溜まっていた事を現します。

 

軽くなったという事は、

負のエネルギーが無くなったという事です。

その為、後はそれを持続させるため

意識の方で前向きな言葉を

選択するようにして行くと良いでしょう。

 

「ニュートラルな状態に戻った」

という意味もあります。

 

次に欠伸の他に

「活性化」という言葉が

時々出てきます。

これは、

「1回分のヒーリングが終了しましたよ」

という時のサイン、
又は、

「流れるようになった。」

「流れが良くなった」

「良い状態になった」

等のいずれかを伝えています。

活性化は、1回目のヒーリングでは

あまり出てくる事はない言葉です。

何回か同じヒーリングエネルギーを使って行く事で

良い状態ができてきます。

継続は力なりです。

 

以上を参考にしてお読みください。

自分の状態が解るとともに

変化をした事が解るかと思います。