Posts Tagged ‘チャネリングワークショップ’

チャネリングと丹光

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

ヒーリングを行って行くと瞼の裏に2色の色が見えてきますが、

この事を「丹光」と言います。

丹光は、脳波がα波になるとでてきます。

この状態が脳がリラックスした状態で瞑想状態の入り口に入った

事になります。

チャネリングをする場合、ここから更に

光の周波数を超えて行かないとなりません。

光の次に映像の世界が広がってきます。

 

その為、チャネリングを習ってもメインの練習を行う内容は

ヒーリングになります。

自分の波動を高める為に浄化とパワーの拡大が必要になってきます。

 

ヒーリング中に見える色が色から無色の白黒の世界に変わり

始めると次の段階の光はもうすぐです。

更に浄化とパワーが拡大されてくると映像の世界に入って行きます。

 

映像の世界に入ってこれるとクレボヤンスを自由に使える

扉が開いてきます。

 

丹光は、貴方の成長の目安になりますので

気に留めてみて下さい。

 

次回の2day基礎・初級チャネリングワークショップは

12月21日・22日に開催します。

場所は静岡の当サロン。時間は13時~です。

そして新春1月4日・5日は、東京で開催します。

場所は荻窪の貸しサロンを予定しています。

こちらは1日目は13時から、2日目は10時からとなります。

チャネラ―歴は、14年。

 

自己ヒーリングをされている方で

チャネリングが気になる方、

ハイヤーセルフとコンタクトしてみたい方、

自分がどこまでスピリチュアルに成長しているかを知りたい方

からのお申し込みをお待ちしておりますm(__)m

詳細はこちら

 

静岡と東京では開催人数と締め切り日が違いますので

都内でご参加希望の方、

お早めにお申し込み下さいね。


チャネリングの能力は誰にでもある!!

こんにちわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

今日もチャネリングの御話です。

タイトルにもあるように

チャネリングの能力は誰にでもあります。

殆どの人が実は無意識に使っている能力なんですね。

 

これは、以外かもしれませんが、

例えば、

あれって難だっけかな?どうしたらいいんだろう?

と思った事が

何日か経って忘れた頃にふと閃いたり、解った

と言う経験ありませんか?

これも大きなカテゴリーの中から見れば

れっきとしたチャネリングです。

 

ただ、プロとしてやっているチャネラーさんと

何が違うのか?

と言うと

その場で直ぐに返信がない

と言うことです。

 

聞いて、直ぐに返信が来るようにするには

土台作りと鍛錬が必要です。

 

でも、

大元の種は誰でも持っていると言うことです。

 

2012年以降、この種が開花する速度がかなり速まってきています。

これは、地球の波動が上がってきているという事もありますが

それだけ、スピリチュアルな人たちが増えてきた

と言うことでもあるのだと思います。

 

チャネリングができるようになりたい!

と思われている方は、

自分が何タイプか?

を知る為の事とチャクラの浄化から始めてみると良いでしょう。

そして、キーワードはハイヤーセルフです。

 

 


 

2day短期集中基礎・初級チャネリングワークショップ開催のお知らせ

こんばんわ

 

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

早いものでチャネリングスクールを主宰してから11年目になりました。

 

私がチャネリングスクールを始めたのが2006年1月からでしたので

今年で丁度11年です。

 

この11年間で色々な事を学ばせて頂きました。

 

年々私のチャネリングスクールは進化をしています。

 

少人数制で行っていますので

生徒さん一人一人のペースに合わせて行います。

 

チャネリングで大切な事は自分を知る事です。

自分のパターンを知る事。これが一番大切です。

 

このブログには時チャネリングについて触れていますのでそちらを読まれてくださいね。

 

さて、今回は2日間短期集中基礎・初級ワークショップ開催のお知らせです。

 

日程は1月7日・8日の2日間です。

今回は、スペシャルギフトとして

貴方の眠っているサイキック能力を知るためのテスト(通常1回4000円)を

プレゼントします。

 

自分の眠っているサイキック能力を知る事で

自覚が芽生え、眠っていた才能に気づいたという方も過去にはいらっしゃいました。

 

これは、

ワークショップの中で御話をしていきますので、

是非この機会にチャネリングを習おうと思われていた方は

御申し込みくださいね。

詳細は、こちら