Posts Tagged ‘ヒーリング中に寝てしまう’

イシス様の浄化&癒し&調和を促すヒーリングエネルギー

おはようございます。

今朝は、天秤座の新月。早速

天秤座の新月の遠隔ヒーリングを受けました。

 

遠隔ヒーリングを受ける時、私がいつも行っている事は

最初に目を閉じて深呼吸をする事です。

深呼吸をしながら

自分の今のエネルギーの流れを感じる

という事をやっています。

 

エネルギーの流れを感じる事で

今の自分の波動がわかり

受けるヒーリングエネルギーの波動との

違いも分かるようになります。

 

では、どうやって自分の今のエネルギーの流れを

感じ取れば良いのでしょうか?

 

息を吐いた後に少しの間息を止めてみます。

すると体にエネルギーが流れるのがわかります。

息をしながらですと意識がそちらに集中する為

わかりにくいのですね。

 

ですので、息を吐いた後に意識を体中に向けてみる

という事を行います。

(頭に雑念がある時は先にそちらを取り除きます)

 

今日の私の波動はストレスは無い状態で

大きく脈を打っていました。

鼓動がという場合心臓辺りの一角を指しますが、

それが各チャクラで起こっているようでした。

粒子で言うと大きな滴が

ゆっくりと幾つも流れているような感じです。

 

ヒーリングの受け取りの宣言をすると

直ぐにヒーリングが始まります。

 

ヒーリングエネルギーの方が波動が高いですので

感じてみたいと望むようであれば、

自分の意識を合わせる必要があります。

 

意識を合わせるというのは

ハートを開くという事です。

 

ハートを開くと感じ取れないものが

感じ取れるようになってきます。

 

今回のヒーリングでも

自分の波動よりも微細なエネルギーが流れていました。

その微細なエネルギーが体に浸透して行くと

先ほどまでの大きな滴が小さな粒にになり、

最後にはヒーリングエネルギー

と同じ位の微細なエネルギーに変わりました。

 

そのころ、

私の中では自分では

緊張しているつもりはなかったのですが

なんか安心感というか落ち着いたというか

ちょっとした変化が出ていました。

このままいくと寝てしまいます。

 

例えば、

気づいたら寝てしまっていたというのには

このようは経路をたどっているように思いました。

 

これも1つの変化です。

何故なら、変化したから寝てしまったのです。

変化していないとそのまま起きて何も変わりません。ただ、エネルギーが流れているというのを感じているだけです。

そういう時もあります。

 

変化には

物凄く自覚があるという時と

全く無いという時とあります。

同じヒーリングエネルギーでも感じ方が違うのは、

ヒーリングを受ける前の自分の状態との

ギャップによって違ってきます。

ギャップがあるほど変化は感じ取れやすいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーリング中に寝てしまうのは・・・

おはようございます。

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

ヒーリング中に寝てしまう事ってありますよね。

これには3種類ほど理由があります。

 

ヒーリングを始めたばかりの時は、

寝てしまう事が多いですよね。

これは、微細なヒーリングエネルギーが

入ってくると気持ちよく感じ

リラックスして寝てしまいます。

 

次にエネルギーを補充している時も

気持ちが良いので寝てしまいます。

 

そして3つ目にに寝てしまうのは、

疲れている時です。

 

初心者の方が寝てしまうのは

上のような理由があるからなのですが

長年ヒーリングをされている人でも寝てしまう時があります。

 

いつも使っているヒーリングエネルギーで寝てしまう場合は

いつもよりも体や心が疲れている時です。

 

自分ではいつもと同じと思っていても

エネルギーは正直です。

 

疲れは体を動かしすぎた時だけでなく、

気を遣っている

考え事が多い、

人の事を心配する等でも精神的に疲れますし

暑くて湿度が高くても疲れますよね。

 

又これからの時期は

夏の疲れが出てきて疲れています。

 

自分が思っているよりも疲れている時は

自己ヒーリングをしていても寝てしまいます。

 

又エネルギーが枯渇していると補充に時間がかかりますので

この時も寝てしまいます。

これは2つめの理由と同じですね。

 

ヒーリングをしていて(受けていて)寝てしまわれる方は

少し疲れすぎているようですので

ペースを落として少ゆっくり数日間過ごされると良いのですが

なかなか時間が取れないと言う方には

睡眠の質を高めるヒーリング&伝授をお勧めします。

これについては又後日