Posts Tagged ‘プロセス’

「癒しの光」のヒーリングエネルギー

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

今から10数年前に、

癒しの光」と言うエネルギー伝授を受けました。

 

伝授後は、毎日自己ヒーリングを行い

どんなふうに自分には変化を起こすのか?

を観察します。

 

プロセスの途中で

・直ぐに変化に気づけるものと

・暫く経って気づけるもの

・意識が他に向いていてその良さに気づけないもの

に分かれますが

当時の私にとっては、3つ目でした。

 

数年経って、

突然このヒーリングエネルギーの事を思い出し

久々に自己ヒーリングをしました。

すると、

以前は分からなかったこのヒーリングの

良さがわかるのです!

 

「こんなに凄いエネルギーだったんだ!」

 

受けた当初は、わからなくても

数年経って自分の浄化が進み成長した後に

再度使ってみると

解るようになっている自分がいます。

 

ヒーリングを始めて6~7年位の間に

受けたエネルギー伝授で、

これはよくわからなかったなー

と言うものがありましたら

思い返してみて下さい。

 

今の貴方なら、

そのヒーリングエネルギーの良さに

気づけるように

なっているかもしれません。

 

 

 

 

レイキヒーリングを始めた人へ

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

今日のタイトルは、

「レイキヒーリングを始めた人へ」

ですが、

勿論他のヒーリングでもOKです。

 

今回のテーマは、

ヒーリングを始めたばかりの人

ですので、レイキ限定ではありません。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、

ヒーリングエネルギーは、

最初からヒーリングエネルギーではありません。

どういうことかと言うと

これは遠隔ヒーリングを受けてみるとわかる事ですが

ヒーリングを始めたばかりで

まだヒーリングエネルギーが浸透してきていない

又は緊張がまだ取れていない状態で

人にヒーリングをすると

そこに流れて行くのは、ヒーリングエネルギーではなく

緊張のエネルギーになります。

 

ヒーリングエネルギーが

ヒーリングエネルギーとしての機能を果たすには

媒体のエネルギーの状態が関係します。

 

媒体がストレスだらけだったり

緊張していたり、

怒りや悲しみなどの負のエネルギーが

多かったりしている時には、

人にヒーリングはできません。

(正確にはできない事は無いですが、

先ずは十分に自己ヒーリングし続ける事に

フォーカスする事をお勧めします。)

 

ヒーリングを始めたばかりの人なら

自己ヒーリングを始めて

早い人で10日位でヒーリングエネルギーが

ヒーリングエネルギーとして機能してきます。

 

ヒーリングエネルギーになっていない人から

遠隔ヒーリングを受けると

突き刺さるような痛みやしびれのような

エネルギーが流れてきます。

そして、7~10分程経つと

その粗かったエネルギーが微細に変わってきます。

(最初の1~2分でしたら問題なしです)

 

この微細に変わった時のエネルギーが

ヒーリングエネルギーです。

(これはヒーリンする側だけにフォーカスしています。

正確にはここに

受ける側のチャクラのストレス状態も関係します)

 

自己ヒーリングを始めて

何も変化を感じられないと思っている方がいましたら

今は今まで溜まってしまったストレスを取り除いている状態です。

ある一定のストレスが取り除かれてくると

粗かったエネルギーが元々の状態の微細に戻り

微細になると浸透できます。

ここまでが

早い人で毎日自己ヒーリングをフルセッションで行って

10日後位からです。

 

幾つもエネルギー伝授を受けて自己ヒーリングを行っている人の場合は

この基本的なプロセスが完了していますので

新しいエネルギー伝授を受けると直ぐに浸透しだします。

 

浄化が進んでいるかどうかは、

経験を積んだヒーラーさんですと、

ヒーリングを行った時点で直ぐにわかります。

 

 

 

エネルギー伝授を受けるとエネルギーレベルが上がる

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

エネルギー伝授を受けると

今居る自分の周波数から一段引き上げて貰う事ができます。

それによって、悩みの中から抜け出す事ができたり

不調和だったものが調和に戻ったり

運氣が上がったりもします。

ですが、

これは、エネルギー伝授を受ける前の

貴方の状態が大変な時の話です。

 

貴方が必要な経験をしている時、

その経験は貴方にとって

嫌な大変な経験かもしれません。

その中でもがき、苦しみ

どうしたら抜け出せるのだろうと

している時にエネルギー伝授を受けた時は

一段引き上げて貰う事で

その渦中から意識が抜け出す事ができますので

客観的に見る事ができるようになり

対処の方法を見つける事が可能になるという事です。

 

その逆もあります。

一段引き上げる事で、

試練が来る場合もあります。

この試練は、本来貴方がやらないとならない

宿題みたいなもので

それが先送りで来たり、

本来は終わっていないといけない宿題なのに

やらずにいたものがやらないとならない

時期が来たことを表します。

 

エネルギー伝授を受けるという事は

自分の成長を加速させる事です。

加速させることで

トラウマを癒し

制限や枠を外し自分らしく生きられるように

なっていきます。

ですが、それは結果としてそうなるだけで

その間のプロセスは

人によって必要な事が起こります。

 

これからヒーリングを始める人も

既にヒーリングを行っている人も

基本的なこの事を

頭の隅に留めて置いて下さい。

 

この情報が必要な人に届きますように!

 

 

ヒーリング後の変化について(痛み編)

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

痛みがあったので、軽減してほしくて

ヒーリングをしたけどあまりかわらなかった

というのがあります。

ヒーリングは医療行為ではありませんので

良くなるとか治るという事は言えません。

 

 

例えば

親知らずがあったとして、

その横にある歯が虫歯になって

治療するのに親知らずが邪魔をしていて

治療ができないとした時に

親知らずを抜く事になったとします。

 

親知らず抜くと穴が開き

その部分に食べ物のカスが入ると

痛みを感じますよね。

又抜くと今まであったものが無いから

変な違和感を感じると思います。

 

つまり抜いたらそれで終わりではなく、

抜く→穴が開く→違和感を感じる→徐々に穴が塞がる→慣れてくる→穴が塞がる→きにならなくなる

という気持ちの変化がでてきます。

 

ヒーリングも同じです。

何かをしたら何かが変わりますが

その変わる何かは、自分の想定外を超える事もあります。

ですが、それはまだプロセスの最中。

焦らない事です。

(1回分で完了できる1区画の場合の時の話です)