Posts Tagged ‘マルコニクスリキャリブレーション’

「左膝の痛み」をスピリチュアル的な観点からみると②

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

今日は、2020年7月に書いた

「左膝の痛み」をスピリチュアル的な観点からみると①の続きです。

①をまだ読まれていない方は先にこちら

をお読みください。

 

前回のお話は、

自己ヒーリングや他者ヒーリングを行っている時に

左膝に痛みが出た時の事を

スピリチュアルな観点から見た場合について書いたものですが、

 

今日は、

スピリチュアル的な観点から見る時って

どんな時か?

という事について触れてみたいと思います。

 

冒頭にもあるように

ヒーリング中に左膝の痛みが出た場合は、

カルマやトラウマが出てきていると考えられます。

 

ヒーリング中以外で出て来た時は、

次の事を最初に考えてみて下さい。

「その原因について、何か思い当たる事はありませんか?」

 

例えば、

左膝をぶつけたとか、捻挫をしたとか・・・

何か物理的な要因があって左膝に痛みが出て来た時は、

それが原因になります。

 

又、以前、痛めた事がある場所は、

季節の変わり目や、疲れてきたり、ストレスがかかると

痛みがぶり返してくることがあります。

暫く出ていなかったのに、急に出て来たりします。

 

例えば、

私は20代の時にバイクで転んで

左足を痛めた事があります。

暫く痛かったのですが、痛みが出なくなったので

治ったと思っていました。

ところがその後、何年か経った後から

急に又痛みが出てくるようになりました。

ちょっと歩いただけで、足が棒になったり

寒くなってきたり、低気圧が近づいてくると

左足に痛みが出るようになったのです。

思い当たる事と言えば、

昔、バイクで転んだことだけ。

その時のダメージがまだ残っていて

きっかけがあって出るようになったようです。

 

ダメージを受けた場所は、他よりも弱くなりますので、

疲れたり、ストレスがかかったり、何らかの負荷がかかると

痛みが出てくることがあります。

又、足の場合、痛めた足と反対の足が痛くなることもあります。

これは、痛めた方の足をもう一方の足でかばうため

そちらに負荷がかかってしまうからです。

 

その後、マッサージやヒーリングを

取り入れてメンテナンスをするようになったら

徐々に出なくなりました。

ダメージを受けた時のストレスや

ショックのエネルギーが浄化され癒されたようです。

 

スピリチュアルな観点から見る場合のもう1つは、

ぶつけた覚えがないし、けがをした覚えもないし

ヒーリング中でもヒーリング後でもないのに

左膝や足首が痛くなったり、怠くなってちんばを

ひいてしまう時・・・

それが、ある時から度々ある場合・・・

 

これも実際に体験した話しですが、

私はある時、右の足首が突然痛くなって

足を引きずって歩いていた時がありました。

 

足首をねんざした覚えも、ぶつけた覚えも骨折した覚えも

損傷した覚えもないんです。

勿論ヒーリング中でもヒーリング直後でもありません。

 

足首の痛みは突然出て来て、暫く続き、いつの間にか消え、

忘れた頃に又出て来てという事が1年程続きました。

 

それから3年位たって

2018年、マルコニクスリキャリブレーションの受講中

忘れていた足首の痛みが強烈に出てきました。

それも右足首だけ・・・・

その時に、初めて気づきました。

これもカルマが痛みとして時々出て来ていたんだと!

 

この場合は物理的な原因が無いので(忘れていない限り)

「スピリチュアルな観点から見てみる」というのが当てはまります。

 

ただ、順番的には、

物理的な側面からみて、原因が思い当たらない時です。

1つの捉え方として

「スピリチュアルな観点から見てみる」になります。

 

 

 

<まとめ>

身に覚えのない膝の痛み、足首の痛み、肘の痛み

(つまり関節です)は、スピリチュアルな観点から見ると

カルマが出てきている可能性あり。

 

物理的にぶつけた後、暫くして出て来た場合、

よう気病み、疲れ、ストレス、ダメージを受けた事で

弱くなっている場所の痛みが出やすくなる可能性あり。

 

この時は、スピリチュアルな意味は当てはまりませんが、

ヒーリングでエネルギー調整をする事で

軽減する事ができるかもしれませんので

お試しあれ~。

 

どんなヒーリングが良いかは、

受けられる方のエネルギーの状態が私には分からない為

初回に限り、チャネ&ヒーリングセッションをお勧めしています。

セッションの結果で、今一番合うヒーリングを

お勧めできると思います。

興味のある方は、受けてみてね!

 

※ヒーリングは医療行為ではありません。

予めご了承下さい。

それぞれ人によってエネルギーの状態が違いますので、

ヒーリングは自己責任の元で受けて下さいね。