Posts Tagged ‘マルコ二クスヒーリング’

ハイヤーセルフと統合するには・・・

こんばんわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

ヒーリングの優先順位は

先に肉体レベルや精神レベルの浄化や癒やしからになります。

 

たとえそれがハイヤーセルフと統合するという

ヒーリングエネルギーを使ってもです。

 

今日、ヒーリングをしていてその事に確信を持ちました。

以前からヒーリングをしていてもしかしたら・・・

と思っていたのですが・・・

その方がストレスを沢山受けていてオーラがビリビリしている所に

ハイヤーセルフは周波数が違うので降りて来る事はできません。

ですので、

そのヒーリングエネルギーはオーラを調整する方に使われるようです。

 

高次元の存在を降ろすには、

その存在のエネルギーと周波数が同じにならないと

共鳴しませんので繋がる事ができないんですね。

これは、チャネリングにもいえる事です。

 

高次元の存在を降ろす、つながりを持つ

には、自分の状態を先にバランスの取れた状態にもって行くことです。

 

当サロンでは、

マルコ二クスヒーリングは毎回2セット行っています。

その理由の1つは、

その日のクライアントさんの状態がわからないからです。

 

ハイヤーセルフを降ろすクラウニングは、

毎回降りてくるとは限りませんが

ほぼ9割今までやった中では降りて来ています。

 

で、

残りの1割は何かと言うと今わかっている理由は2つです。

その理由については当サロンでヒーリングの説明をする時に

私の体験として一緒に話をさせて頂いております。

 

気になる方は

私が媒体になるマルコ二クスヒーリングを受けに来てね~。

 

 


 

※時々メールが届かない時があります。

その際には、御手数ですが

ariosusan★mail.com(★を@に変えてくださいね)にメールください。

 

マルコ二クスヒーリングの感想~クライアントさん編7~

こんばんわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

3次元の2.0バージョンのテンプレートを

5次元の3.0バージョンにアップする

ヒーリング、マルコ二クスヒーリング。

 

ハイヤーセルフを3次元に降ろし肉体に統合するヒーリング

マルコ二クスヒーリング。

 

とても画期的なヒーリングです。

先月霊気3を終了されたばかりの生徒さんが

このヒーリングを体験されシェアを頂きました。

皆様にシェアさせて頂きます。

 

「自分ではヒーリングエネルギーを感じる事ができないのでは?

と思っていました。

ヒーリングが始まると

頭の米神辺りからぐるっと程よい感じで締め付けられているような

感じを受けました。

それから頭がだんだんと軽くなって来ました。

又、途中から白い丸ものが遠くから近づいてきました。

最後の方では自分の感覚としては1つの丸になったように思いました。

 

2回目の時は、

自分の型があって、その中に充満していくような感じで

統合ってこういう感覚なのかな~と思いました。

そして、終了した時、

大きな卵のようなものに包まれているような感じを受けました。

凄く面白いヒーリングだと思いました。

ありがとうございました。」

 

ステキな感想をありがとうございました。

 

貴方も体験してみませんか?

初回に限り2回ヒーリングを行います。

 


マルコ二クスヒーリングを受けた感想6~クライアントさん編~

 

おはようございます。

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

先日、マルコ二クスヒーリングを受けられた

クライアントさんに

ヒーリング終了後に感想を頂きました。

皆様にシェアさせて頂きます。

 

マルコ二クスヒーリングは9つヒーリングを行います。

1つ1つのヒーリングをより深く体験して頂く為に

ある工夫をしています。

それは、ヒーリングが変わる事に番号を伝え、

受けられている方に解るようにしています。

 

感想はここから

「最初のヒーリングが始まったら

身体のあちらこちらがぴくぴくと動いていた。

 

2番目と言われた時に

目を閉じているのに目の前が眩しかった。

ありおすさんが足の方に向かった時に、

臍の下あたりに重さを感じ、

その後、足元に引っ張られている感じがした。

 

終了した後は、すっきりとした気分です。」

 

2番目はクラウニングと呼ばれるヒーリングで

このヒーリングの要となるもの。

ハイヤーセルフを降ろして肉体に統合するヒーリングです。

眩しい光はまさにハイヤーセルフさん。

このような形でわかる方もいらっしゃいます。

 

ステキな感想のシェアをありがとうございました。