Posts Tagged ‘内観’

客観的にみられるようになる

こんにちわ

静岡でヒーリングサロンを主催している

ありおすです。

 

人の見方には主観的な見方と客観的な見方がありますが

自分が当事者になった時に

感情的にならず冷静に見ることができるようになると

悩みが減少します。

 

客観的に見るとは

感情に流されることなく、理性で見るということです。

感情をコントロールするには鍛錬が必要になりますが

物事のとらえ方を変えると

感情をコントロールすることができます。

これには考え方の癖を変えることです。

人には小さなころから環境によって刷り込まれた癖や

自分の身を守るためにその時は必然だった考え方が

今となっては壁になり自分の感情の壁になっている場合があります。

 

客観的に見ることは理論的にも練習でできるようになりますが

それとは別に

自然に気づいたらそうなっていたということが

できる方法があります。

それは、エネルギー伝授を受けて自己ヒーリングをしていくことです。

客観的に見ることができるようになる

ヒーリングエネルギーを使っていくと

自分では気づかない間に変化していきます。

 

また客観的には段階があります。

つまり

幅や奥行きなどの鉢に例えるとサイズがあります。

いきなり大きなサイズには変わりません。

徐々に拡大していくことができます。

客観的に見ることができるようになればなるほど

自分の感情に振り回されることがなくなり

精神的に楽になります。

 

あなたはどのくらい客観的に物事を見ることができますか?

 

客観的になれるエネルギー伝授を受けてみたい方は

お問い合わせフォームから

ご連絡くださいね。

その際に過去に受講したことがあるエネルギー伝授名を

記載することをお忘れなく

 


ヒーリングをした時、左足の膝に出る痛みは何を意味するの?

 

こんにちわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

今日の御話は

毎回では無いけど

自己ヒーリングをした時や新しいヒーリングを自分にした時に

左足の膝に痛みが出る時がある人に向けての御話です。

 

痛みに関しては、

ヒーリングをしている時にでているのであれば

浄化作用の場合が多いです。

 

通常浄化は潜在意識の中で行われ

顕在意識に上がってくる頃には

消えている事が多いのですが

顕在意識にまで及ぶほど痛いという事は

それだけ根が深いといえます。

 

そしてその根が深いというのは今世に限らず

過去世が関係している事や

過去世出なくても深いトラウマが関係している事が多いんですね。

 

左足は過去に関係しているといわれている場所。

そして膝は、人が歩く時に最初に前に出る場所でもあり

そこが痛むという事は前に進む事を

阻まれているという事でもあるんです。

 

では何が阻んでいるかと言うと過去のトラウマ、

いわゆるカルマというやつです。

 

参考までにトラウマとカルマの違いについても

触れておかないとなりませんせんが

話がそれてしまうので、それについては又後日にでも・・・・

 

ヒーリングをしている時に

左足の膝に痛みが出てきたら

過去のトラウマを癒やす時期が来て

浄化が始まったという事を意味します。

体の痛みは体からの貴方へのサイン。

 

そしてもう1つ。

それが今何故出てきているのか?と言う事も

気にかけることが大切です。

 

繋がる何かがありますよ。

それが引き金になって芋ずる式に出てきているので

過去を癒やすチャンスが到来しているので

思い切り浄化をしてしまいましょう。

 

どうやって?

答えは簡単。

そのヒーリングで痛みが出たという事は

そのヒーリングに反応しているという事です。

 

と言う事は・・・・

そのヒーリングを何回か行っていくうちに

痛みはなくなってきます。

それとともにこの痛みは何を自分に気づかせてくれているのか?

を対峙する事も忘れずに行います。

 

これに気づくだけで半分は解消するので痛みが激変しますよ。

残りはヒーリングで・・・・

ただ、これは単品の場合に限ります。

 

トラウマが複数にまたがっている時には

もしかしたら別のヒーリングも必要になるかもしれません。

 

貴方の過去を癒やす御手伝いをしています!

前に進みたいのに進めない方

今の自分が嫌な方、

苦しみから脱却したい方、

ヒーリングでエネルギー調整をしていきませんか?

 

何を受けたらいいのかわからない方には、

チャネ&ヒーリングセッションをお勧めします。

詳細はこちら

 

年末は30日までやっています。年始は5日からです。

お申し込みは年末年始関係なく受け付けております。