Posts Tagged ‘浸透率’

ヒーリングで吸収率と浸透率が関係するのは何故?

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

 

ヒーリングを受けた時に

浸透率や吸収率が関係する事は

あまり知られていないように思います。

 

ヒーリングは同じヒーリングを受ければ

受ける程、そのヒーリングエネルギーの浸透率と

吸収率が上がります。

 

そして、その結果

他のヒーリングエネルギーを受けても

相乗作用が起こるようになってきます。

 

そもそも何故

浸透率と吸収率が上がると良いのでしょうか?

 

吸収率というのは、

例えば

VCが100%入っている果汁のジュースあったとします。

ですがそのジュースを飲んでVCが100%

吸収できるかというとそうではありませんよね!

ヒーリングエネルギーもそれと同じような事が起こります。

 

吸収率が高いと浸透率も上がります。

何故なら

入ってくる受け取れるヒーリングエネルギーの

量が多いわけですから

その分浸透していくのも早くなるわけです。

 

浸透するというのは、

染み込むと言ったらわかりやすいでしょうか?

 

例えば

皮膚で言うと

表皮、真皮、皮下組織に分かれていますが

浸透率の良い美容液は表皮を通過して真皮迄届きますので

肌が突っ張りません。

ですが、浸透率が悪いと

表面はサラサラですが中が突っ張ったように感じます。

凄く違和感があります。

 

ヒーリングでも同じ事が言えます。

その為、まず吸収率、次に浸透率を上げるには、

毎日ある一定の期間自己ヒーリングをする。

 

又は、ある種類のヒーリングを4日に1回の割合で

3回を1セットとして数セット受ける

と上がって来ます。

(もちろん全ての人が当てはまるわけではありません)

 

ご参考までに。

 


 

 

ヒーリングの作用日数について

 

 

こんにちわ

ヒーリングナビゲーターのありおすです。

 

ヒーリングについての知識を深める日です。

 

1回のヒーリングでどの位の間ヒーリングされているのでしょうか?

例えばヒーリングの所要時間は20分です。

といわれた場合、20分間ヒーリングされている事になりますが、

実際はその時間が終わってもヒーリング作用はずっと続いています。

 

ただ、ここで問題になるのは、その作用は何時間続くか?と言うことです。

(今回は作用時間のみの話です。)

 

これには3通りあります。

 

1つは、ヒーリングエネルギーのタイプによって

持続時間が変わります。

 

2つめは、受け取る側のエネルギーの消耗頻度によって

同じヒーリングエネルギーでも持続時間が変わります。

 

3つめは、受け取る側のそのエネルギーの浸透率です。

 

わかりやすく例にとって御話をすると

1つめ)

霊気のシンボルの4つのシンボルのうち1つ目の第1シンボルは、

持続時間が短いので日に何度も使う事ができるといわれています。

ですが、それ以外は以外は、持続時間が長いので

1回ヒーリングをすると24時間はヒーリングされています。

1回入ったヒーリングエネルギーの持続日数は、

ものによりますが最長で2週間です。

平均的には1週間と思っていると良いでしょう。

(これは霊気に関してです。)

毎日毎日ある程度の期間行っている人であれば、

1ヶ月程持つようになってきて、そのうち減らなくなり

そのヒーリングエネルギーが要らなくなってきますが

始めて受ける人やたまに受ける場合では、

持続期間は短いのが普通です。

同じヒーリングを2週間に1回のペースで受けていくと

6回程受けると1つの悩みが改善されている事が多いようです。

(疲労困憊していないのが前提です。)

 

別の言い方をすると、

ヒーリングエネルギーはヒーリングをして貰った時が

マックス状態になっていますが、

車のガソリンと同じで日々生活をしていく事で消耗してきます。

この消耗のスピードが人によって変わります。

これが2つ目です。

 

消耗の激しい人(エネルギーの燃費が悪い人)ですと、

他のヒーリングを受ける人が1回で2週間ほどヒーリング作用があるのに対して

自分は3日だけと言うこともあります。

では、消耗の激しい人とは、どんな人でしょうか?

別途記載しましたので、こちらを参照してください。

ここでは先に進みます。

 

3つ目の浸透率では、何度か同じヒーリングを定期的に受けられていると

浸透率が上がってきて奥深くまで浸透するようになります。

浸透率が上がってくると実は同じヒーリングでも所要時間は短くなってきます。

そして、滞りが悪くても早く滞りが取れるようになります。

滞りが取れると何故良いかについては、別途参照してください。