Posts Tagged ‘神社巡り’

直靈に直接響く瀬織津比咩命の透明なエネルギー

アセンションライトワーカーのありおすです。

静岡県内では、2か所でしか参拝できない
瀬織津比咩命様が祀られていらっしゃる
御前崎市にある池宮神社へと行ってきました。

 

神社名:池宮神社

住 所:御前崎市佐倉5162
(桜ヶ池を目指して行きましょう!)

御祭神: 瀬織津比咩命・事代主命・建御名方命

御神徳:
瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)は大祓詞に現れる代表的な清め祓いの神で諸々の罪穢を祓い、
開運厄除の御神徳極めて高い。

祓戸四神の一柱で災厄抜除の女神である。
神名の名義は川の早瀬の穢れを清めるとある。
祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。
その証拠に瀬織津姫を祭る神社は川や滝の近くにあることが多い。(ウィキペディアより。)

事代主命・建御名方命は共に大国主命の御子神で、
事代主命(ことしろぬしのみこと)は通称エビス様と称せられ商売繁昌、福の神として、
建御名方命(たけみなかた‐の‐かみ)は武勇の神又、農、耕、水の守護神として崇められている。

 

由来
創祀は敏達天皇十三年(584)に瀬織津比詳命がご出現。社殿の造営がなされた。
後、栄枯盛衰が激しく平安時代初めには衰退し、社殿は大破した。
しかし平安時代中期一条天皇の長保三年(1001)社家の遠祖源朝臣信栄が社勢を再興。
室町時代に入ると駿河・遠江を領有する今川氏の崇敬を受けたが戦国末期に武田・徳川両氏の高天神城争奪の地となり、社殿をはじめ神宝、旧記、古文書の大部分を焼失。
江戸時代に神官信盛が再び興し徳川家の崇敬を受け、明治維新に至るまで地頭の祈願所となっていた。

享保十六年(1731)には正一位の神階宣示を受け、
本殿は宝暦十年(1760)、
拝殿は元文四年(1739)に、時の大宮司従四位下佐倉治部大輔源朝臣信幸が造営し、
その名を池宮天王社とも称され現今に至る。

 

ここの神社には、初めて行ったので

御祭神にはご挨拶だけをしてきました。

瀬織津比詳命、龍神をお呼びすると

どちらも透明なエネルギーで

直接直靈に響いていました。

 

通常、手から胸に入ってと言う事はあるのですが

今回はそういう感じではなく

流れるという感覚が無い位透明で

直靈が痛くなる位響いていました。

これも初めての体験。

不思議でした。

 

境内は、エネルギーに満ちていて

優しいとかすがすがしいとか

そういう感じとはまた違って

何か不思議な感じを受けました。

 

清水折戸にある

瀬織戸神社の境内とは又

違った感じです。

 

 

3つの異なるエネルギーが交差する神社

アセンションライトワーカーのありおすです。

 

神奈川県の三浦半島にある

諸磯神明社へと

行ってきました。

別名、小桜姫神社と言い

こちらの方が知られているかもしれません。

江原啓之さんが、
『霊界通信 小桜姫物語』

という本をおすすめしていて、
TVの企画でこの諸磯神明社、

小桜姫神社を訪れたというのを

つい先ほど知りました。

 

神社名:諸磯神明社(小桜姫神社)

住 所:神奈川県三浦市三崎町諸磯1872

御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)

  • 大山咋命(おおやまくいのみこと)
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)

 

神社名を見ると御祭神がわかります。

「神明社」とつく神社は、

天照大御神を祭っている神社です。
お伊勢さんのお力を頂いている神社

と言われていますよね。

 

 

↑若宮神社(小桜姫神社)本殿向かって左側

その左には稲荷神社がありました。

 

この神社へ行く事になった時

御祭神をきいて行きたくないなーと言うのが

本根でした。

と言うのも天照大御神様は

私からすると試練を与える神様だったから・・・

 

ですが、

ご縁があって参拝しました。

 

参拝していると直ぐに

異なる2種類の

エネルギーが螺旋状で体に入ってきました。

そして3つ目のふわっとしたエネギーが

脚から膝にかけてオーラ層の方に感じていました。

つまり

体の中に入ってきたのは2つ。

そしてオーラで感じていたのは1つ。

 

3つの異なるエネルギーを同時に感じたのは

初めてです。

そして、又境内は、優しい愛のエネルギーが

流れていました。

 

境内の中に拝殿を背にして

左側に縦に3本大きな木が並んでいます。

手前から数えて3本目の木が

一番パワーを感じました。

 

この神社での参拝は初めてですのでご挨拶だけしてかえってきました。

※初めての神社での参拝は

ご挨拶だけするのが基本ですよね。

 

車でじゃないと不便な所にありますが

初めての体験をできた所でしたので

ブログにアップしました。

機会があったら

行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

私個人としては、

天照大御神のイメージが変わりました。

 

焼津市大村にある七社神社

八坂神社へ行った後、

七社神社も近くにあったので行ってみました。

 

七社神社(ひちしゃじんじゃ)

 

住所:焼津市大村3-7-1

御祭神:玉垂命(たまたれのみこと)

海とのご縁が深い神様です。

ここは駐車場があります。

 

ここも参拝すると

手からパワフルなエネルギーが入って来て

胸に溜まり、活性化していました。

 

この感覚、先ほど行った八坂神社

同じでビックリしました。

 

 

焼津の越後島にある八坂神社

今朝は、焼津の越後島にある八坂神社へ

参拝に行ってきました。

 

八坂神社

 

住所:焼津市越後島134

御祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)

 

越後島は父の実家があるところで

子供の頃は良く行っていました。

又神社名が「八坂と言う事から

私の大好きなスサノオ様を祀ってある為

一度行ってみたいなーと思い

行ってきました。

民家に囲まれた中にひっそりとある

鎮守神社のような印象を受けました。

 

この日は元日と言う事もあり

日の丸の旗が掲げられていました。

入口

 

本殿

 

参拝をすると

手からパワフルなエネルギーが入って来て

胸にエネルギーが溜まり

活性化していました。