静岡で各種レイキ伝授&ヒーリング、遠隔伝授、チャネリング講座、ヒプノ等をサポートしているariosuさんのサイト

大天使NATHANIEL

基本レイキ大天使の伝授エンジェルリンクカラーズオブエンジェルス大天使メタトロン&セラフィム1&2スターオブザファレルダイアモンドオブザファレルライタリアンピュリフェケーションリングアークエンジェルウリエルコネクション2019DNAシャクティアチューメントフェザーズオブエンジェルイリュージョンレイキキューピッドのGolden arrow

大天使NATHANIEL

2022年に年が変わった1月初旬、聞いた事のない名前の天使、「大天使NATHANIEL 」の事が気になりだしましたので、調べてみると既に現在2種類の伝授がありました。

2種類の伝授は、創立者と名前の呼び方が違います。
創立者が変わると同じ名前でも若干作用や恩恵が変わりますので
それぞれ受けてみました。

※「NATHANIEL 」と表記しているのは、読み方によってエネルギー伝授が変わる為です。

①Archangel Nathaniel Attunement
(大天使ナニエルのアチューンメント)

天使ナサニエル 「神の 贈り 物」を意味します。
人生の目的、 顕現 、 そして 変容 。

②Archangel Nathaniel Quantum Leap Empowerment
(大天使ナニエルのクオンタムリープエンパワーメント)

著作権の関係でオンライン上では内容をご紹介できません。(他の方でご紹介されている方がいらっしゃいますので、そちらを参照してください。)

感想を記載しましたので参考にしてください。

受講料

遠隔伝授のみ(コールイン設定)
①3000円
②4000円

※どちらも人に伝授できます。

2月のお勧め伝授になっていますので、セットで7000円➡特別価格6300円になります。
気になる方は今月中にお申し込み下さいね。

受講資格

何方でも受けられますが、フォーローはありません。
自己責任の元で受けられる方が良いでしょう。

大天使NATHANIELの事が何故かわからないけど
気になるという方、
惹かれるという方に・・・・

必ずお読み下さい

お申込みの際は必ずお読み下さいをお読みになり、御理解を頂いてからお申込み下さいね。

感想

個人的な感想
①の方は、優しすぎるエネルギーで私にはよくわかりませんでした。(個人的にはパワフルなエネルギーの方が手ごたえがある為、変化が分かりやすいです。)
②の方は、伝授が始まる前からパワフルなエネルギーが流れ始め宣言をすると視界にオレンジと黄色のグラデーションの虹が何本か視えはじめ、少し経つと光にかわりました。体感としては、腕を打撲していたせいか腕にエネルギーが溜まって行きボンレスハムのようにパンパンになっていきました。終わるころには徐々にエネルギーが薄らいでいきました。刺激があり楽しかったです。

②の伝授を受けた次の日から①と②の自己ヒーリングを一日の間に何回も行っています。
すると精神面に変化が出た事に気づきました。
それまで何となくしっくりいかない気持ちが続いていましたが、それが落ち着いたように感じます。
方向性については全く前が見えなかった霧から何となく足元がうっすらと見えてきました。
後、別の所で何らかの変化が始まり、自立心が以前よりも高まったように思います。
どちらかで出たというよりも両方使っているので相乗作用だと思います。
そして両方使い始めたら最初のナサニエルのヒーリングエネルギーも分かるようになりました。

追記
人に遠隔ヒーリングをして気づいた事。
私には、ナサニエルは女性的なエネルギーでナタニエルは男性的なエネルギーに感じます。
(訳:女性的なエネルギー=優しいエネルギー男性的なエネルギー=パワフルなエネルギー)

又別の言い方をすると、
ナサニエルは全面でナタニエルはスポット的な範囲というか。

面と点では同じエネルギーでも感じ方が変わるのと同じように
それぞれのヒーリングエネルギーもそうなのかなと思いました。
両方使う事で、今までわからなかった事が分かる事もあるから
片方だけでなく、もう片方も取り入れる事の大切さを
今回教えて貰ったように思いました。

もし、これが逆だったらこの気付きとこの体験は生まれていないです。そして、今新たに気づいた事が・・・苦手を克服する方法でもありました。

お申し込み

こちら

※3日経ってもお返事が無い場合は、お問い合わせのページから再度メールを入れてください。たまに届かない時があります。

a:97 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional