Archive for 2月 27th, 2018

丹光の背景の色

おはようございます。

静岡でヒーリングサロンを主宰しているありおすです。

 

以前ブログで

丹光の段階、丹光が見える時と見えない時

という「丹光」について書きましたが

今回はその3回目です。

 

丹光が見える時は

背景の色と前面の色の2色に分かれていると思います。

 

前面の色は動きがある場合が多いのですが、

背面の色は動きません。

 

前面の色はチャクラの浄化が進むと徐々に

色から白、光に変わってきますが

背景の色はそのままで、

ある時、

この背景の色を明るくするにはどうしたらいいのだろう?

と思ったのです。

 

それをきっかけに

今度は自己ヒーリングをする時に

背景の色に意識をもって自己ヒーリングをするようになりました。

 

背景の色が変わったヒーリングエネルギーは

セキムセイキ―ム霊気です。

背景は、何を現していたのか?

というとオーラフィールドだったようです。

 

セキムセイキーム霊気では、

オーラ層に光を入れて行きますので

早くオーラが綺麗になってきます。

又、光の柱を体の中心に入れていきますので

光の体になっていきます。

 

よくレイキは癒しの手、

セキムセイキ―ム霊気は光の手

と呼ばれています。

 

オーラ層に光を取り込むことができる

エネルギー伝授はあまりありませんので

セキムセイキーム霊気は貴重な霊気になります。

 

オーラ層に光が入ってくると

背景の黒がどんどん薄れて行き、

光に変わってきました。

丁度曇りガラスに外側から太陽の朝日が当たっていると

内側からガラスをみた時に白っぽい光に見える

あの感じが背景色になってきました。

 

色が変わると現実世界で何がかわるか?

というと

オーラは人間関係に関係したり

夢の実現に関係しています。

セイキムのエネルギーが入る事により

セキムの恩恵がき出します。

セイキムの恩恵についてはセイキムの詳細を見てください。

 

丹光の背景に戻りますね。

前面も明るい色、背景色も明るい色で

差が無くなってくると

次の段階では虹色の光がやってきます。

これについては又の機会に。

 

セキムセイキ―ム霊気の詳細はこちら

対面式のみでしか受けられない貴重な霊気でn。

マンツーマンで行います。