Archive for 6月 19th, 2018

カルナ霊気ヒーリングの世界 Vol.2

こんにちわ

静岡でヒーリングサロンを主宰している

ありおすです。

今日はカルナ霊気ヒーリングの世界Vol.2です。

1をお読みでない方は先に

カルナ霊気ヒーリングの世界Vol.1 

からお読みください。

 

2では、カルナのシンボルについて簡単に書いて行きます。

カルナのシンボルは

全部で11個あります。

そのうちの3つはマスターシンボルですので

カルナマスター以外の人の場合、8個になります。

 

最初の4つは肉体と感情レベルの働きかける

と言われています。

次の4つは精神面に働きかける

と言われています。

 

マスターシンボルは

ヒーリングを行うに当たって

チャクラの天と地とバランスを取る

シンボルのように思いました。

 

シンボルは、ここでは、

カルナ1-1,1-2,1-3,1-4

と言うような表記しますね。

 

●カルナ1-1

深い癒しを得る準備、

感情の癒しに伴う苦痛を和らげる

細胞レベルで癒す、

過去世から今世に持ち越した問題の癒しに使用できる

幼少期の頃のトラウマを癒す、

大天使ガブリエルと繋がる

 

●カルナ1-2

無意識のパターンを癒す

シャドウセルフを癒す

(自分が否定している自分の影の部分)

性的、肉体的なトラウマを癒す

サイキックアタックの攻撃を取り除く

 

●カルナ1-3

ハートに関する問題を癒す

人間関係を癒す

良い習慣を身に着ける手助けをする

依存を癒す

ハートを癒す事で慈愛の行為を思い出す

 

●カルナ1-4

グランディングに使える

下位のチャクラを癒す

頭をクリアにする

部屋のネガティブエネルギーを癒す

上位のチャクラと下位のチャクラの調和を齎す

目標に対して完結するよう促す

物質的ゴールを明示する

 

●カルナ2-1

心を癒す

ハイヤーセルフと結びつける

学習能力を改善する

コミュニケーションを促す

創造性を増す

 

●カルナ2-2

グランディング

ゴール達成する

優先順位が明確になる

人類を癒す

 

●カルナ2-3

自分の力を取り戻す

相互依存を癒す

現実感を癒す

ゴールを強化する

地球を癒す

 

●カルナ2-4

人生に対する信頼を生む

不眠症を癒す

恐れとパニックを癒す

自信をつける

透視能力を強化する

 

マスターシンボル1

オーラの浄化、保護、安定

クラウンチャクラを開く

 

●マスターシンボル2

センタリング

グランディング

 

●マスターシンボル3

チャクラとエネギー体を瞬時に整える

 

※ここには箇条書きのみで記載しています。

※詳しい詳細はカルナ霊気を受講する時に

教わります。

 

カルナ霊気のシンボルでどんなことができるのかを

イメージしてもらう為に記載しました。

 

1つのシンボルだけでも色々な使い方できる

ヒーリングエネルギーです。

 

過去のトラウマを癒すのと

グランディング力をアップするのに

ぴったりなヒーリングエネルギーです。

 

頭の中がスッキリとしてくるのも嬉しいですし

ヒーリングの作用は

ヒーリング中から起こる人もいますし

通常はヒーリング後から1週間の間に

変化が出やすいです。

 

奥底の隠れたものを浄化していきますので

自分の中に

こんなものあったとびっくりする人もいますが

浄化=吐き出し

をしていますので

流して行くようしていきましょう。

 

カルナ霊気ヒーリングのシンボルについては

このへんで。

伝授関しては、ariosuヒーリングセンターの

カルナ霊気伝授をお読みください。

 


 

カルナ霊気ヒーリングの世界 Vol.1

私のカルナ霊気の世界観です。

2003年に4月にカルナマスターになり

それから伝授やヒーリングを行って行く中で

見て来た世界になります。

一部テキストを参照しています。

 

●カルナとは

サンスクリット語で

「人々の苦しみを解消するあらゆる行為」

を意味するそうです。

 

●カルナは、

過去に自分が又は人から刷り込みによって

作られてしまった壁や隔てを取る事ができる

のをカルナと認識しています。

つまり過去を癒すためにフォーカスされた

ヒーリングエネルギーの1つであるという事です。

実際カルナ霊気を5年間毎日使い続けていたら

8割型のトラウマが軽減されたと実感しました。

これは理屈ではありません。

感覚的なものでありますが、

直感を信じる事が大切である事は

ヒーリングの世界に長くいる人であれば

わかる事でしょう。

 

●カルナは慈悲のエネルギーであり

女性的なエネルギーでもあります。

実際カルナ霊気ヒーリングを長い間行って行くと

その人のオーラが女性的なオーラに包まれているのがわかります。

 

別の言い方をすると

今まであった隔てが取れその人本来の

女性的なエネルギーが戻ってきたと言えるのかもしれません。

 

●カルナ霊気は召喚エネルギーです。

カルナヒーリングが始まると

目的に応じて必要な高次元のマスター達が

降りてきます。

時には大天使達も降りて来てヒーリングを促します。

彼らには物理的な手はありませんので

その手の代わりになるのが

カルナのヒーリングを行うヒーラーになります。

ヒーラーは独自のヒーリングエネルギーを使っているのではなく

カルナ霊気のシンボルとマントラを唱える事で

そのヒーリングエネルギーをクライアントに繋げ

流す事ができるようになります。

 

●カルナのヒーリングエネルギーは光線です。

目的を持って行う為

それに向かって奥深い所まで一直線で入っていきます。

これは私が際にヒーリングを行って行く時に

いつも感じている事です。

 

●カルナのヒーリングエネルギーは

α波とシータ波を行き来しているように感じます。

一瞬深い部分に落ちるのです。

α波は脳をリラックスする最初の段階です。

シータ波になるとかなり深くリラックスしている事になります。

脳がリラックスする事で潜在意識に入って行けるようになり

潜在意識の中にインプットされたトラウマに

アクセスする事ができます。

ヒーリングエネルギーはいとも簡単に

潜在意識の中に入り浄化と癒しを行っていきます。

 

次のページではカルナ霊気のシンボルについてです。

 

カルナ霊気遠隔ヒーリングをご希望の方は

お問い合わせフォームからお申し込み下さい。

1か月3回(10日に1回)で通常1万2000円が1万円で受けられます。

貴方のチャクラの状態の診断付きです。

ヒーリングはコールインで行います。

お時間は人によりますが40分から60分位です。

 


 

第3チャクラAとB

おはようございます。

静岡でヒーリングサロンを主宰している

ありおすです。

 

ヒーリングをしている時に気づいた事って

沢山あるのですが、

今日はその中の1つ

第3チャクラのお話です。

 

第3チャクラって2つあるのを知っていますか?

一般的に第3チャクラと言うと

太陽神経叢の辺り(胃の辺り)にあるチャクラの事を指します。

勿論ここも入ります。

 

人が人と話をしてエネルギー交換をする時、

ここのチャクラのエネルギーを使っていますよね。

消化器系を司っているともいわれています。

 

ただ、その中の肝臓に関しては

この太陽神経叢のチャクラではないんですね。

 

これに気づいたのはクライアントさんに

ヒーリングをしていた時です。

 

そのクライアントさんは肝臓が硬くて

一生懸命第3チャクラにヒーリングをするのですが

一向に柔らかくならなくて

それでもしかしたら、

もう1つの第3チャクラかもと思い、

そちらにヒーリングをしたら

直ぐに肝臓が緩んで

クライアントさんが「楽になった!」

と言ったのを

今でも覚えています。

 

私はその時に肝臓のエネルギーを緩めるのは

太陽神経叢のチャクラではなくて

脾臓のチャクラだと確信しました。

 

そうです。

もう1つの第3チャクラとは

脾臓のチャクラの事です。

このチャクラは、私達が食している

食物のエネルギーを体に送る役割がありますよね。

又良くバランスを取るのに用いられることが多いです。

 

又、脾臓のチャクラからエネルギーは全身に流れて行くので

ここを外してのヒーリングは考えられません。

 

肝臓を緩める事が出来るという事は

勿論、怒りを解放するのにも

このチャクラを使うというのは分かりますよね?

 

太陽神経叢のチャクラが第3チャクラA

脾臓のチャクラが第3チャクラBと

私は呼んでいます。